« Starting Over | トップページ | 小早川伸木の恋 »

2006/01/25

ステットラーのチョコレート

12月に研修旅行の引率でジュネーブ・パリに行ったとき、ジュネーブで泊まったホテルの近くにステットラーの本店があった。添乗員のおすすめで生チョコを買いに行った。
ステットラーのチョコレートは、雅子様がご成婚前のバレンタインデーに皇太子にプレゼントしたチョコレートだそうな。本店にはしっかりとその記事が貼ってあった。
生チョコはスイートをビターがあって試食も可能。個人的にはビターが好みだった。ビターを実家用に、スイートを職場用に、そして自分にはトリュフチョコをお土産として購入。
生チョコと言っても「要冷蔵」ではなく、常温で保存可。もちろん持ち運びも常温のままだった。まぁ冬場だから気温も低いのだろうけど、ジュネーブ〜パリ移動のTGVでも、帰りの飛行機でも、成田から帰宅のバスでも常温で溶けることはなかった。
でも口に入れると程よい具合に溶けてとっても美味でした。

|

« Starting Over | トップページ | 小早川伸木の恋 »

コメント

日本には売ってないの?
食べてみたーい♪

スイートがいいな。
ホワイトは無いのかしら?

そういえばもうすぐバレンタインだね。
あすかさんはいくつ貰えるでしょう?(笑)

投稿: ふみこ | 2006/01/25 20:45

日本でも売っているようですよ。期間によってはネットの通信販売でも買えます。
http://www.chocolaterie-stettler.jp/index.html
をご覧ください。

えっバレンタインのチョコですか。そりゃもちろんふみこさんからは確実に1個はもらえるものと…

投稿: あすかしょう | 2006/01/25 23:49

差し上げたいのは山々ですが^^;お目にかかる機会がなさそうなので、気持ちだけ受け取って^^v♪

どうぞー(/^-^)/ ☆チョコ☆

^^;

投稿: ふみこ | 2006/01/30 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステットラーのチョコレート:

« Starting Over | トップページ | 小早川伸木の恋 »